グループ対応 税理士法人 黎明 湊社会保険労務士事務所 祖父江 晃 行政書士事務所

契約書と士業(専門家)

契約書は自分でも作成することができます。
しかし、きちんとした知識がないままに作成すると、リスクの大きな契約を交わしてしまうということも考えられます。

たとえば、インターネット等から他人が作成した契約書内容を引用したり、雛形をそのまま利用したりすると、契約する内容に必要な条項が抜けていたり、逆につける必要のない条項が入っていたりするなどの危険があります。

そもそも、契約書は契約者双方のリスク回避のために作成され交わされることを目的としており、その契約書内容は十分なリスク回避になっていなければなりません。

万一、裁判に発展することになった場合、契約内容が裁判判決の決定要素となる場合もありますので、正しい知識の元作成することをお勧めしています。

より正しい契約書を作成する為には!

交わされる契約書により正しい知識は様々ですが、法律に関しての専門家は「弁護士や司法書士」であり、税務に関しての専門家は「税理士」であり、雇用に関しての専門家は「社会保険労務士」であるといった、それぞれのジャンルの専門家にご相談される事をお勧めいたします。

契約書に関する主な業務

  • 行政書士業務
  • ・・・
  • 各種契約書


  • 社会保険労務士
  • ・・・
  • 雇用間に関する契約書


  • 税理士業務
  • ・・・
  • 税務に関する契約書

ご対応は、以下事務所が担当いたします。

法人のお客さま

黎明の相続相談
浜松異業種交流会

交流会・セミナー情報

お知らせ